こんばんは。


先日、solaさんから床暖設定温度の話を頂きましたので、書いてみたいと思います。


我が家の床暖エリアは、

A 子供部屋×2
B リビング、浴室、脱衣所、洗面所、トイレ、和室
C 寝室、玄関


というエリア分けになってます。


全館床暖房が売りの一条ハウスですが、節電に努めようと思うなら、BだけONにしていればそれでことたります(笑)

このエリア分けは特に希望を出したものではなく、最初から決まっていました。



昨シーズンは様子見も兼ねて、リビング含めたBゾーンは26度設定にしてましたので、「かなり暖かい」という感じではなく、「寒くない」という体感だったと思います。(確か)

室温はリビングで計ったときに19~20度くらいだったと思いますが、外から家の中に入ると独特のあったかい空気感を感じることができ、床暖の恩恵を感じていました

子供部屋は荷物置き同然なので、ほぼOFFにしたままです。



そんな昨シーズンの冬の電気代は

1月 11,505円
2月 8,304円
3月 6,640円

となってます。

この頃はまだ共働きでしたので、昼はOFFにする間欠運転を利用していました。



今年の冬は、娘も生まれて昼間も家に人がいるので、昼間はセーブ運転を利用しています。


そんな今年の床暖設定は、、、、


A 子供部屋×2                         基本的にOFF
B リビング、浴室、脱衣所、洗面所、トイレ、和室    18時~10時で28度設定 他の時間帯はセーブ運転
C 寝室、玄関                          19時~8時で23度設定  他の時間帯はOFF


となっています。


これで12月の電気代は9,135円でした。


寝室は温度を高くすると布団を蹴っ飛ばしてしまったり汗をかいてしまうかもしれないので、そこまで高くしていません。

リビングは28度設定で室温は大体20度前後になっています。



もう少し暖かくしたい気もしますが、適度に寒い方が体も丈夫に育つ?かもしれないのと、電気代の問題ですね


私はセーターを着たりパーカーを着たりして快適に暮らしていますが、嫁は夏の薄着の状態で寒い寒いと言っています。それは寒いのは当たり前でしょうに(笑)


以上、床暖設定の話でした~。




最後までお読み頂きありがとうございました!


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村